離乳食とアレルギー

赤ちゃんのスベスベお肌にプツプツとした湿疹が・・・そう、アレルギーです。
環境や食生活の変化などから、近年アレルギー性の病気に悩まされる赤ちゃんが急増。中でも、食物アレルギーは多くの赤ちゃんにみられます。
ここではそんな食物アレルギーについて調べるとともに、離乳食における対応策にも触れていきたいと思います。

食物アレルギーとは

食品中のアレルギー物質を摂取することで起こるさまざまな反応を「食物アレルギー」といいます。食品以外にもダニやカビ、花粉といったさまざまなアレルギー物質があり、それらが体内に入ることで免疫(体内の異物を排除するシステム)が過剰に働き「アレルギー反応」を引き起こします。食物アレルギーの発症年齢は0〜1歳ということもあり、離乳食の進め方にも細心の注意を払わなくてはなりません。離乳食を作るときは、原因となる食品を取り除くなどの工夫をしましょう。


食物アレルギーの症状

食物アレルギーでは、湿疹やじんま疹といった皮膚の症状をはじめ、下痢や嘔吐などの症状がみられます。他にも命に関わる重篤な症状(呼吸困難や意識不明など)があり、これらの症状を伴うものを「アナフィラキシーショック」といいます。原因となる食品をごく少量食べただけでこのような症状が出ることもあるので、離乳食などを作る際は気をつけましょう。また、離乳食(除去食)では使用した食材をメモしておくと、いざというときに役立ちます。

アレルゲンとは

アレルギー反応を引き起こす物質を「アレルゲン」といい、食物アレルギーでもさまざまな食品がアレルゲンとされています。なかでも「3大アレルゲン」として知られる卵・牛乳・大豆は圧倒的に多く、他に小麦や魚肉類などもみられます。また、年齢によってアレルゲンが変わったり、同じ食品を食べ続けることで新たなアレルゲンが加わる可能性も・・・。アレルゲンを増やさないためにも、色々な食品を満遍なく食べることが大切です。また、アレルゲンに変わる食材を見つけ、栄養バランスの整った離乳食作りを心がけましょう。

 

食物アレルギーを考えた離乳食

3人に1人の子が何らかのアレルギーを抱えている時代。そんな今だからこそ、親である私たちが何らかの対策を練っていかなくてはならないのでしょう。ここでは、食物アレルギーを考えた離乳食の作り方、進め方を紹介していこうと思います。

離乳食はゆっくり進めよう

胃腸の機能が未発達な赤ちゃんはアレルギー反応を起こしやすいため、離乳食(とくに動物性タンパク質など)はゆっくりと進めます。他の家族と同居している場合、どうしても「喜ぶから・・・」などと多くの食品を与えがち。家族全体で連携し、赤ちゃんの発達に見合った進め方をしましょう。

「噛める」離乳食を作ろう

アレルギー反応は、胃腸の消化や吸収が未発達なために起こります。食品が大きすぎると噛まずに丸のみ、さらには噛まないことで食事に満足できず同一の物を大量に欲しがったりもします。同一の物を食べ続けると新たなアレルゲンを引き出してしまう可能性もあるため、赤ちゃんがきちんと「噛める」調理形態にしていきましょう。

安全な食材を使おう

「食の安全」が問われる今だからこそ、多少高くてもわが子には安全な食材を食べて欲しいものです。「地場産」や「旬」といった新鮮かつ美味しい食材を使い、素材そのものの味を活かした離乳食作りを心がけましょう。旬の食材を食べることで、季節そのものを味わうことができますよ♪

除去食を作ろう

『卵や牛乳なんかを使わないで料理なんて出来るの?』と不安がっているママ、安心してください。アレルゲン(卵や牛乳など)を使わなくても、美味しいお菓子や料理が作れます。ここでは、お菓子作りに欠かせない卵を「あえて」使わない、そんなレシピをご紹介します。1歳過ぎの赤ちゃんはもちろん、大人でも美味しく食べられます。離乳食はもちろん、大人のお菓子としてもオススメですよ♪

卵なしクッキー【材料】

  • マーガリン(脱脂粉乳の使われていないもの)100g
  • 薄力粉180g
  • ベーキングパウダー(以下BP)大さじ1/2
  • 砂糖50g

卵なしクッキー【作り方】

  • 1. マーガリンは室温にもどして練り、薄力粉とBPは一緒にふるいにかけておく。
  • 2. 砂糖に1を少しずつ混ぜ合わせる。
  • 3. 2に振るった粉類をざっくり混ぜてラップで包み、1時間程度冷蔵庫で寝かせる。
  • 4. 打ち粉を振った台に3を伸ばし(厚さ4〜5mm)、型で抜く。
  • 5. 180度のオーブンで、10〜12分ほど焼いたら『卵なしクッキー』の出来上がり♪

Copyright 2009 離乳食ガイドブック All Rights Reserved.